倉庫内のコンクリート床に古いタイヤを保管していたため

倉庫内のコンクリート床に古いタイヤを保管していたため、ニオイが出ています。

タイヤ臭の脱臭のご依頼ですが、ゴム臭の脱臭は、臭気成分分解剤により化学反応でニオイのしない成分に変えていくことで行います。しかし、ゴム臭には分解に時間がかかる成分が含まれていることと、コンクリート内面の亀裂にしみ込んでいる臭気成分が表面にしみ出てくるため、繰り返しの脱臭作業が必要となります。

作業は、弊社オリジナルのミスト噴霧装置で、これも実績のある弊社独自の臭気分解剤を部屋中に噴霧した後、自然乾燥させ、脱臭状況を確認しながら、これを何回か繰り返し、最後にコンクリート面から臭気成分が出てこないよう、抑えの消臭剤を仕上げとして噴霧致します。