下水汚泥処理施設の建物内の脱臭のために、活性炭の利用を考えております。

下水汚泥処理施設の建物内の脱臭のために、活性炭の利用を考えております。 臭気の原因物質は主に硫化水素の他、メチルメルカプタン、硫化メチル、二硫化メチル、アンモニア、トリメチルアミンなども含まれております。

①活性炭は何種類必要になりますか?

②平衡吸着量はどの程度でしょうか?

①活性炭は当社のスーパーヨウ素炭(i-DAC.Y)一種類で対応致します。

②スーパーヨウ素炭の平衡吸着量は以下のとおりです

(5ppmの場合/臭気強度2.5の場合)

硫化水素 5 ppm : 45 % / 0.02 ppm : 20 %

メチルメルカプタン 5 ppm : 24 % / 0.002 ppm : 7.2 %

硫化メチル  5 ppm : 6 % / 0.01 ppm : 3.2 %

二硫化メチル  5 ppm : 11 % / 0.009 ppm : 4.8 %

アンモニア  5 ppm : 7 % (2.2 %) / 1.0 ppm : 6.0 %

トリメチルアミン  5 ppm : 6.5 % / 0.005 ppm : 5.0 %

(吸着量の計算は、装置出口(臭気強度2.5)の成分濃度の平衡吸着量で計算しています。)