活性炭の製造方法

活性炭は、原料を「炭化」し、それを更に「賦活」と呼ばれる処理を加えるという2工程により製造される。

「炭化」とは中温(200℃~600℃)且つ無酸素状態で蒸焼きにすること、「賦活」とは熱や薬品によって、原料中の有機物や無機物の固形物を分解・蒸発させることをいう。炭化処理によって出来た孔に、賦活処理でさらに多くの細孔を付加する事により、表面積を大きくし、炭化物に比べて非常に大きな吸着性能を持たせることができる。